北九州市でなんとなく楽しく生きる

北九州市を中心にうろうろしている日々を書く雑記です。

【映画感想】アベンジャーズ インフィニティー・ウォーを見てきた。

こんにちは。北九州でぶらぶらしている甲斐忍です。

映画「アベンジャーズ インフィニティー・ウォー」を見てきました。


f:id:kaininnjya:20180529044414j:plain


以下感想です。

正直今作はいまひとつ楽しめなかった。
今作の感想は、ちょっと何を見せたいのかわからなかったかな、というところです。
元々マーベルヒーロー総動員のお祭り騒ぎがアベンジャーズですが、今回はさすがに登場人物が多すぎでした。。。(しかも全員主人公)
戦いも絵的にはすごかったのですが、いまひとつそれぞれの個性が活かせていない印象でした。
キャプテン・アメリカスティーブ・ロジャースのままでシールドアクションが無いし、ハルクは引きこもるし、アイアンマンはメカメカしさがすっかりなくなってしまいました。
僕はアイアンマンは前作のハルクバスターが好きです。
(ハルクバスター自体は今作でも出てきますが。)

ソーに至っては、新しい武器もった途端に無双しはじめるんですけど。
え?何これ?最初からソーいればよくない。。。?
ワンチャンサノス倒せますやん。。。。?

もちろん、今回は前後編の前編にあたる作品ですので、上記のもやもやは後編の次回作ですっきり解消にはなるかと思います!
サノスがやたらとバランスにこだわって、謎の半分理論を唱えてるのかもまったく説明されてないですしね。
別に人口半分が均衡とれてるとも限らない。

今作は上記したように、少しもやっとした感想でしたが、まんまと次回作に対する期待が高まりました。
僕が言わなくてもマーベル好きは必ず見ると思うんですが、集大成の作品ですので皆さんもぜひ見て次回作への期待を高めてください。

とりあえず次はデッドプール2ですね!

ではまた。